田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

ダーリンの手作りごはんと外の花を見に出られた話

3月29日夜
f:id:taketsurutanuki:20140331073859j:plain
私が食べたのはお粥、にんじんスープ、サーモンにチーズ(リコッタ)にわさび醤油をつけたもの(癖がなくてお豆腐みたい)を巻いて
3月30日昼
f:id:taketsurutanuki:20140331074222j:plain
私が食べたのはお粥、にんじんスープ、ジャガイモにチーズ(ラクレット)をのせて焼いたの、モッツァレラチーズ

3月30日夜
f:id:taketsurutanuki:20140331074642j:plain
私が食べたのはお粥、にんじんスープ、お刺身(サーモンとトビウオ)、トマトとモッツァレラチーズを一緒に

私の膝の上
f:id:taketsurutanuki:20140331075315j:plain
ダーリンが購入してきてくれたプラスチックのお茶碗。
取っ手のついたお茶碗はスープ用にすることに。
スプーンはほぼつかわなくてもスープがのめるので助かりました(´ω`*)

先日、いただいたチーズが大活躍中です(´ω`*)
我が家は常に三種類はチーズがあるのですが、私は食べたことないものも多くてチーズってこんなに美味しいのがたくさんあったのか〜とダーリンと暮らし始めてから日々感動しています(*´□`人*)
ちなみにこちらがいただいたチーズ。
f:id:taketsurutanuki:20140331075237j:plain

昨日はダーリンがお休みでした。
しかし少し前からの予報で雨だと出ていて、ちょうど花盛りの外に植えたこたちを見に出たいけど無理なんじゃないかとしょんぼりしていましたら(しかも春の嵐の予報)ずっと降っているわけじゃないかもしれないからと何度もはげまされていまして、明るい間にほんとにやみました\(*´▽`*)/←時々とんできたけど

一人で花を見ようと外を歩くと必ずふらっとして倒れそうになってダーリンに支えてもらうのが庭に一緒に出た何回かでわかっていまして、かがんだりするのはまったくきびしいのでダーリンが段ボールとビニールシートを出してきてそれをひいてくれたのでそこに座って見ました(´ω`*)

ぼけの花
f:id:taketsurutanuki:20140331080419j:plain
ぼけの花って見事なあかさですよねと話していました。
私は育った所の近くに花見の名所があって、そこの入り口辺りに毎年ぼけが咲くのを学校に行く時に必ず見ていました。
中学生になるともうその記憶はないので(周りを見る余裕がなくなったんでしょうな)、小学校の集団登校の時の思い出です。
ぼけが咲いて、それから他の花が次々に咲きはじめました。そんなことをダーリンに話して、だからぼけは私にはとても馴染みぶかいのですと言いました。

水仙は雨で重くなって垂れていて、手で支えて鼻を近づけたら絵の具のにおいがしました(笑)
前に住んではった方がきっと水仙が好きだったんだと思うのですが、いくつかの種類が植わっていてその中でこの種類は絵の具のにおいがするんです。ダーリンにそのことを伝えてにおってもらったらほんとに絵の具のにおいだと笑ってはりました(´ω`●)
f:id:taketsurutanuki:20140331081523j:plain

咲いている間に出られたのが嬉しくて本人は満面の笑みな気持ちでダーリンに話しかけているのですが、後で撮ってくれはった写真を見るとやっぱり具合は悪そうですね。
f:id:taketsurutanuki:20140331093117j:plain
私は具合が悪いと顔が全体的に垂れるんです。特に目の辺りが。
何も頭にかぶってなかったらわかりやすいのですが、能面の尉にそっくりになります。
…またおじいちゃん顔Σ(´□`*)(笑)←常におばあちゃんよりおじいちゃんっぽいそうで

チューリップにつぼみがついているということで起こしてもらってそちらに移動。
f:id:taketsurutanuki:20140331082055j:plain
おお!
この横のこにもつぼみがついていました。
実はこのチューリップもさっきの水仙も、最初の頃に工事のトラックに何度も踏まれたので、チューリップはともかく水仙は今年は咲かないだろうと思っていたのですがどちらも咲く気満々です(*´□`人*)
植物の生命力は素晴らしいですね。
そして可愛い。地植えのチューリップとムスカリは球根なのでこれから毎年咲くんですよね。

こちらは以前からいたムスカリ。そろそら咲きそう。
f:id:taketsurutanuki:20140331082711j:plain

こちらはダーリンが植えたムスカリ。だいぶ咲いてきました。
f:id:taketsurutanuki:20140331082759j:plain
色が違うのと、ひとつから出ている花の数が違います。

あ、ドクダミがすでに出始めていました。
f:id:taketsurutanuki:20140331083015j:plain
去年は花の時期に私が可能なだけ摘んで干してドクダミ茶にしましたが爽やかでおいしくてね、今年はたくさん摘んで作って欲しいとダーリンにお願いしました。敷物をまた敷いてもらえれば多少は私も摘めるかも。

夜、ごはんを作っているダーリンと私がすごく忘れまくって日々過ごしている話になっていました。
私はあんまり寝てばかりだから記憶力やらすごく老化しているのではと思い、アプリで脳年齢をはかるやつを一度やってみたらまさかの20歳だったのです。
そこからいくつかの話の後、私は子供の頃から常に怯えて顔色をうかがって過ごしてきたのですが、そうして自分の中で処理出来ないまま自分からいろんなものを切り離すという形でしか対処出来ずに解離が障害にまでなってしまいましたが(解離自体は人間なら誰でも起こる)、そうして顔色を伺って人の仕草やらどうこうをずっと伺ってきたので不安や怯えが生活にずいぶん影響しましたが逆に、そのおかげで安心出きる居場所をはっきり認識出きるようになったのでそれは本当に良かったと思うのです。

病んだのが良かったとはまったく思いませんが、病んだまま生きてきたのがすべて悪いことだけだったことはまったくなく、私は精神疾患を隠す方ではなかったので知っている上で腫れ物扱いはしない人たちがいつもいてくれたからいつも、人のことも自分のことも好きでしたし出会おうとする方でした。
自分から切り離さないといけない恐怖や痛みはたくさんあったし(精神科閉鎖病棟に入院していたこともありましたし)、たいそう大好きな人たちに迷惑をかけてきましたが今やっと穏やかに過ごせています。
感情の起伏は激しくなったし、実はすんごい頑固な性格だったことがわかりました(昨夜ダーリンに言われた衝撃の事実)けど(笑)

グリオーマ(原発性脳腫瘍)が発覚してから私はけっこうすぐに親元から完全に逃げてダーリンの所に転がり込みましたが(ダーリンは私が過ごせるスペースを作るために本を段ボール42箱分処分してくれた)
本来ありたかった生き方が出来るようになってきて、具合が悪くて体がつらくてもそれは不幸とイコールでないことに気づきましたがそれはその後も揺らぐこともなく、今ではほとんど夫だけが私の人間関係ですが(ほぼ寝たきりだし)信頼はひたすら積み重ねなんだと思います。
でも私はイライラしがちですぐにあたってしまうのです。
それについてダーリンはしんどかったらイライラするのは仕方がないと言ってくれはるのですが、しんどくてイライラしてもしんどいのが楽になるわけでもないし、ダーリンには悲しい思いをさせてしまうし私は後悔するだけだからと謝っていました。

食後、お茶碗をさげる時にダーリンは私に
「人間誰しも自分の伴侶が一番可愛いんですよ」
と言いました。
イライラしがちでおじいちゃんみたいで乙女感があんまりない私ですが、どうやらダーリンには一番可愛く見えるようです(ノ´□`*)キャ←壮大なノロケ?

ちなみにグリオーマが発覚して両親から逃げたのは厄年の時でした。
厄年というのは悪いことが起こる年ではなくて人生の転機なのだと聞きます。
きっと全然違う風に育って病むこともなく大人になっていたらそれはそれなりの幸せを見つけていたと思いますが、今ダーリンと過ごす日々を大事に過ごせるのは今までの生き方があったからです。
親に感謝はしていませんし他人だったら接するのは無理な類いの人たちでしたが、親だというだけで好きです。
ずるい(笑)

もう関わることはありませんが、ご自分がそれがいいと信じてそうすることを決めて生きてきた人生なのだからちゃんと受けとめて生きていっていただきたいです。