田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなり楽しく生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。体の具合が悪くなってから完全に着物生活に。

急性扁桃炎

慢性副鼻腔炎ハウスダストアレルギーの状態がまた少しずつきつくなってくる時期がきたので先日、せっせとマスクを縫っていました(´□`*)
前に色んな布や大きさを試して作ってみたので好みの布で2サイズ分作ることに。片方のサイズを作っていた分。

f:id:taketsurutanuki:20140901191644j:plain

こちらは8月28日のダーリンの手作り夜ごはん。
f:id:taketsurutanuki:20140901191732j:plain
鶏カレーの野菜トッピングなんだそうです。

起きられるようになってうきうきしていた私ですが、夜中に物凄い寒気で目覚めまして、熱を計ったら微熱くらいでしたがそのままずっと寒気がするので熱をまめに計って介護アプリにつけていました。
みるみる上がった熱が38℃を越えまして不安に。
私は頭の中にグリオーマ(原発性脳腫瘍)があるので熱が上がりすぎると痙攣を起こすかもと、ダーリンを起こして確認しようかいやでも起こすのも悪いし…というのと痙攣を起こしてその後のダーリンのしなければならくなることなんかを考えまして結果、起こして聞くことに。
しばらくぼやっと半分寝ながら聞いてはったのですが39℃に達しかけている時にやっと私が熱を訴えていることに気づかはって解熱剤を取りに行ってくれました。
私の普段から聞こえにくい声がさらに小さくて不明瞭になっていたからわからなかった模様。

ここから熱のある間のことはあんまり覚えていないのですが、まめにメモしていたのを見るとめまい、痛み、喉の乾き、電車でトンネルに入った時のような耳の辺りの感じなど。
私の記憶の中でその日、一番明瞭に残っているのはお腹がすいて牛乳を入れたグラノーラをもりもり食べていたことです(笑)
吐き気がなかったんですね。
解熱剤で熱は下がったけれど解熱剤の効果がきれてからまた上がってきまして再び解熱剤。
それで何とかなったと思ったのですが翌朝、再び39℃越えΣ(´□`;)
そんなわけで慢性副鼻腔炎の治療に通っている病院に連れていってもらいました。
おじいちゃん先生(私とダーリンの間ではそう呼んでいる)にあーんしてと言われて口を開けましたが、弱っている時って自力で開けられる口の大きさがすごくせまいのです。そんなわけで舌とかを押さえはるあの棒(?)で開けはったのですがこれがおもしろくて、それで開けるのに勢いがつくのか顎がはずれたかのようにカコンッと一気に口が開きました。
私の中でそう感じているだけなのかもしれませんが自分では出来ない動きだったので、ぜえぜえと苦しがりながらも心の中で笑えた瞬間でした。

ああ扁桃腺が腫れてるね。首は熱あがるからね。

ということで急性扁桃炎でした。
耳が痛いのはそのせいらしく、

痛いね〜、骨刺さったみたいだね〜

とおじいちゃん先生はダーリンにいつものようにプリントをくれはりました。
帰ってから見てみると、急性扁桃炎の説明書きの各所にアンダーライン(ペンの太さ使い分け)や丸がしてあって、私のかわりにダーリンが伝えてくれてはった症状のところがそれでわかるようになっていました。
先生はいつもまめです(´ω`*)
でもこれが助かるのです。
私はほとんど家の中でダーリンと話すくらいしか話をする機会がないため、他の人の話す声や機械の音などの中から先生の声を聞き分けて理解する能力がとても衰えているのです。
人がたくさんいる中で話す声を録音しても、その場で聞いているのと違って区別がつかないのと同じようなものかと。
なので帰ってプリントを見ると必要な所はしるしがしてあるので混乱していても問題なく状況がわかるのです。

お薬ももらいましたし、解熱剤で熱が下がっている間は少しは出来ることもあるので縫い物をしています。ただ、楽な時間が終わるとまた起き上がれず水分をたくさんとるので七回分吸収してくれるオムツで三回目なのに漏れるという悲劇がΣ(´□`;)(笑)

そういう濡れ方はもちろんですが、汗がたくさん出て何回も着替えないといけない時に今まで少しずつ綿の着物を増やしてきていましたが、余裕がないと着るものの組み合わせを考えていられません。
それに弱ると強い色もうけつけません。
そういったわけで、さらしで寝る時の着物をたくさん作ることにしました。私の着物はそもそも自分の着やすさ重視なため作りがだいたいですしさらしは使うほど感触が慣れてきて良いです。気温に合わせて何か羽織って体温は調整すると思いますが、恐らく病床の殿みたいな見た目になるかと。

そういえば熱を出してからその日の記憶も曖昧ですが、眠りが常に浅くて朝までに見た夢をいくつも覚えているのが常の私が夢をまったく覚えていません。
なのに昨夜は何度も自分の声で目覚めました。その時必ずダーリンも目覚めてはったので確認したらやっぱり悲鳴だったようで、悪夢をたくさん見ていたのかなと想像。

ダーリンが寝不足でしんどくなってしまわはらへん間にある程度回復しようと思います。
二日続けて外から摘んできてくれはったミントとレモンなんとかのハーブティーには喉も鼻も気持ちも癒されました。二日目は鼻も悪くなっていたらしくまったくにおいがわかりませんでしたが今朝、残ったのをいただいたらすっきりとしたにおいがして、鼻の方は少しましになったようだと知りました(´ω`*)

広告を非表示にする