読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

繕い物や刺繍にごはん

taketsurutanuki2014-10-01

9月30日の夜ごはん(´ω`*)



この日は布団に横になったままいただきました。
ダーリンが私の柿の葉寿司苦手意識克服のために一緒にごはんを食べられる時に楽しく美味しくいただきましょうと提案してくれてはったのです。

そもそもどうして苦手になったかと言いますと、ダーリンの体調が悪かったりひどく疲れていて帰るとすぐに横になって眠るしかない時に私が食べられるようにと買って帰ってくれてはったのが柿の葉寿司だったことが多かったのです。
そのため、いくらおいしい柿の葉寿司だったとしても寂しさとか不安とか心配とかそういった気持ちが働いてしまうようになったのです。
だから楽しく一緒に食べていけばちゃんと味わっておいしくいただけるでしょうと。

ちなみいくつか種類を今まで買ってきてくれてはりましたがこの柿の葉寿司が他のものより断然美味しいのです。
食べながら、パスタだとか一般的なものならどこかで食べたりしても味のどうこうは料理人の腕だとわかるけれど、こういったご当地ものというか地域ごとにある独自の食べ物は初めて食べたものが美味しかったか美味しくなかったかだけでまた食べたいと思うかどうかが決まってしまいますよねと話していたらダーリンが
「だから名物に旨い物なしという言葉が存在するんですよ」
と言わはってなるほどと思いました。
名物であろうと作り手の腕で味は違うということをよくよく考えた夜でした(´ω`*)

10月1日の夜ごはんは海老のピザを作ってくれはりました。

隣人にいただいた、親御さんが育てはったにんにくを使ってありまして、これを食べた後に他のにんにくを使って同じものを作っても物足りなく感じてしまいそうな癖になる味でした(*´□`人*)

今日は繕い物を始めました。
ダーリンが古物屋さんで以前購入してはって、直したりして着るつもりだったけれど時間がなくてしまわれていたウールの着物の裄と丈をかえて、すっかりすりきれたりしてしまっているところがたくさんあるのを何とか繕ってみようと私が申し出たのです(´ω`*)
きっとすごく気に入って着てはったんでしょう。汚れっぱなしになっていることもなく、膝から下などは生地がずいぶん薄くなっていました。
私は縫い物はよくしていますが繕い物はまだほとんどしたことがないのでうまく補強出来ないかもしれないけれどと言ったら、やってもらえるだけでも感謝なので練習と思ってと返ってきたので気持ち楽に繕いを始めました。

一ヶ所こちらが元の生地の状態

繕い後

そのうち上手になるはず!

ちなみに本日は刺繍もしていました。ダーリンに借りた刺繍の本を見ながらちゃんとこの本にあるような羊になるのだろうかとドキドキしながらでした。
ダーリンの可愛い刺繍入りマスクを作っていく計画をしていましたし(*´□`人*)
出来た羊さん。

その後マスクに。


そのうちオリジナルの柄も刺繍したいです(*‘ω‘ *)