田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

茶道楽

taketsurutanuki2014-10-30

先日、縫うぞと息巻いていたパッチワーク着物が縫えました(*´ω`*)
見た目も温かそうになりましたし羽織るといい具合に温かいです。




こちら裏面

ところで私の逆流性食道炎の薬がきれていまして、耳鼻科にも行かないといけなかったのでダーリンがお仕事の都合をつけて病院に連れて行ってくれはりました。

逆流性食道炎の薬はきれると的面に体調の崩れがひどくなっていったので、とにかくきらさないようにしないといけません。ただダーリンの仕事の都合がつかないと行けませんから何とか早いめに伝えるようにしようと思います。

慢性副鼻腔炎で通っている耳鼻科は両耳の痛みをうったえましたらどうやら中耳炎になりかけていて痛んでいたようです。

病院に行くために早く帰ってきてくれはったので椿堂さんのあいている時間に行けるということでウキウキとお茶を買いに(*´∀`*)

パックに入ったものではないほうじ茶が飲みたいのでそれも見てきて欲しいとダーリンにお願いして、私はリクライニング車椅子に座ったまま外にいました。
インカムをつけているので中にいるダーリンとの通信は可能で、中から手を振ったりしてくれてはりました♪
こちらほうじ茶。

お茶の葉のにおいは煎茶のにおいだったので二人して動揺していました。

しかしお湯を入れた途端にほうじ茶のにおいに!

浅炒りだとこんな風になるんですね。
しかし美味しいお茶です。
たしかにこれは煎茶のほうじ茶ですねとダーリンと二人でうっとり(人´∀`)

あと前回購入した唐仙がとても好みだったのでそれと、もうひとつ初めていただくものを買ってきてくれはりました。
ダーリンは飲んだことがあるものだそうで楽しみです。

新しいSALONもいただきました。

それにバランスのいい急須は立つと書いてあったので試してみましたらうちのクララは立ちました!ヽ(=´▽`=)ノ←クララ?


帰り道に以前から気になっていて一度、お持ち帰り出来るか尋ねたところ夏は持ち帰りはやっていないということだったお寿司屋さんに今ならば可能なのではと寄ってみました。
私は外で待っていましたが中からすごく楽しそうな声が聞こえます。
ダーリンにそのことを言うと、年配の方たちが陽気に呑みながらお寿司をいただいてはったようでしてそれに心躍ったダーリンはお寿司と一緒に大七の熱燗を呑もうと酒屋さんにも立ち寄って購入。

帰るとお吸い物を作ってくれはって夜ごはんヽ(=´▽`=)ノ

私、回らないお寿司をいただいたのが初めてと言っていいと思うのですが(かつて食べたのは味わえる状況ではなかった)細かい切れ目がたくさん入っていて身も心もとろけそうでした(*´∀`*)

何というか、一人で外出が出来なくなっていってからは料理大好きなダーリンが作るごはんや岩茶好きだったダーリンのおかげで飲んだことのなかった岩茶も味わえるようになり、私の方は緑茶好きだったのでダーリンはそんなに日本茶はよく飲む方ではなかったそうなのですが飲むようになってお礼を言われました。

夜にはダーリンがストーブの掃除をして今年初めての点火。
その初めての点火でダーリンが一番にしたのは燗をつけること(*´ω`*)

その横で私は縫い物を、ダーリンは智恵子抄を読んではりました。
しばらくすると明らかにケータイのカメラの鳴る音が聞こえたので顔を上げると私のケータイで私の写真を撮ってはりました(笑)

その後ゆっくりしてから就寝。

そして昨日はダーリンはお仕事がお休みでした。
そんなわけで松田桃香園さんにお茶を買いに。
京番茶をよくここで買うのですがお煎茶は買ったことがなかったのです。

せっかくだからお抹茶も欲しいですねと話してしまして、到着すると少し前からハーブティーを飲むのにガラスのティーポットがいいなと思っていたのに良さげなものがありました。
それと、私が一人の時に飲むのに急須をもうひとつ。
それがですね、とても可愛らしいのを最初に見せてくれはったのですが乙女化を目指しているわりにはキュートなものは自分で買うには心苦しくなってしまう私(笑)
こっそりダーリンにキュート過ぎる旨を伝えると笑いながら
「ですよね」
といわれましたΣ(・∀・;)←バレバレ

そんなわけでこのこになりました。

家に帰り着く頃には私の体調が悪化。
支えてもらって玄関に戻るにも体は地面に近づいていくのですが何とか入れまして眠りました。
起きると呼吸が難しく震えもありましてダーリンが横の洗面器を置いてくれると嘔吐。
その後もぷるぷると震えたりしていましてダーリンにたまたまちょっと良くなっていただけで私はやっぱり駄目なんでしょうかと弱音を吐いては励まされていました。
イモムシのように排泄(便)のためなんとかお手洗まで這って行き、戻る途中の横になれるようにと敷いてあるマットの上で横になってまたぷるぷるとしていましたが、ダーリンがストーブをつけてくれて自分の羽織っていた綿入れやタオルケットを取ってきて掛けてくれはりまして、温かいのは良いのですがそれまでダーリンが寒いから羽織っていた綿入れなのでダーリンが寒いのはいけないと返そうとしてはかけられてを何度か繰り返しましてしばらくするとお布団まで戻れそうになったので移動しました。
やっとお布団に戻れまして横になるとストーブでお湯をわかしていれてくれてはった岩茶を持ってきてくれたのをいただくと、みるみるうちに回復。

耳をつけていても聞き取れなかった声が隣の部屋に行ったダーリンにまで届くようになりました。
そしてダーリンのもとに近寄って行こうとするとなぜか立って歩けていていました。

「竹さん凄い」

と言われました(笑)
何が凄いって想いを吸収して回復しようとする力が凄いらしく、三年の間にひたすら積み重ねた信頼とラブのおかげですね(*´∀`*)

いやいや、でもやっぱり最後に勢い良く回復したのはダーリンの入れてくれたお茶のおかげなのですよ。
私のお茶好きは増すばかりです。
二人の生活する中でお茶はとっても大事な心を繋ぐ絆のひとつです。

復活した私に安心したダーリンは朝のうちにホームセンターに買いに行ってくれてはった木材などで枕元の棚に設置する引き出しを作ってくれてはりました。
そんな風に作るのかと思いながら、子供の頃に何かの時に釘を打って物を作っていたら見事に釘が曲がったのだけれど抜くことが出来なくてその折れ曲がった状態のまま打ちつけた記憶があるのを思い出して話しました。
「あるある」
と笑ってはりました。
そんなダーリンに買ってきた抹茶をたてて一緒に飲もうと思いまして二人でお薄タイム(*´ω`*)

初音というお抹茶です。
久しぶり過ぎて抹茶の加減やお湯の加減がわからず、私の分はお濃茶
なみに濃くなりましたが美味しいお抹茶だったのでとても美味しくいただけました。

時間も遅くなってアップアップし始めた私に買ってきたティーポットでダーリンがハーブティーをいれてくれはりました。
詰みたてのレモンバームとミントのハーブティーです。

途中から先日、せんぶりをジンにつけはったものをひとさじ加えはったらとてもいい具合になって喜んでいましたら、いい感じにはなったけれどそれでもこの苦さ!とダーリンが悶てはって(←好きなことは好きらしい)
「え?!アクセントになっていいくらいじゃないですか!」
と言ったら、竹さんは苦いのには強いと返されまして酸っぱいものには(酸っぱさの方向にもよる)とても弱いのにと笑って一日は終わりました。