読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

久しぶりに解離を起こしたのと暮らしの大切さ

防寒でリネンの白の布で御高祖頭巾をしたら僧兵(武蔵坊弁慶)に見えます(笑)
正絹と違ってリネンだとふくらみがちだからかなと。

ダーリンの手作りごはん(*´□`人*)
夜は寝てしまうから朝に一緒に食べるのが続いています。
11月17日朝

ブッフブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮込み)
先日のレンズ豆の煮込みは使う豚肉はバラ肉なので脂が今の私の体にはまだまだ負担だったみたいですが、ブッフブルギニョンで使う牛肉はとっても脂身が少ないから大丈夫かもしれないということで再び煮込み料理をどのあたりなら美味しくいただけた上で私の体調を悪くしてしまわないかを試すことに。
寒くなると煮込み料理を食べたいですよね(*´□`人*)

ブッフブルギニョンのアップ

ちなみに一度にある程度の量が出来るので日が経ってさらに煮込まれて肉の形がすっかり崩れた頃にはクミンやらも入ってカレー風になりました。
ダーリンと暮らすようになってから私はクミンのにおいをカレーだと認識していたことを知りました(´ω`*)(笑)←私が何かいいにおいがすると言ったものには必ずクミンが入っているらしい

ちなみにこの日はダーリンがお休みで(前々日に発覚)朝ごはんと昼ごはんの間の時間に岩茶をいただきました。
岩茶房さんの夜来香とeightさんのシュトーレン

いい組み合わせでとっても美味しく癒されました(*´□`人*)

いやしかし、美味しいお店のシュトーレンをチビチビ食べたおす時期がきましたね♪←何ヵ所か好きなお店が

19日朝

蕎麦粥、豆腐、春菊、アボカドとスモークサーモン

17日のダーリンのお休みだった日ですが、ダーリンは季節外れですが必要があって頼まれた挿し木をしはるつもりだったのです。
しかしその買い物に行ってはる間にいろいろありまして私の中で限界がきたらしく、帰ってきはって私が怒っていることはわからはったのですがその後どうしようもなくなり久しぶりにわかりやすい解離を起こしました。
感情がひいていって顔の表情が失われていくのを自分で感じました。体を動かすことも出来なくなって力が抜けていき崩れ落ちていきました。

そういうことはほとんどなくなったのですがやっぱり時々はありますね。
ダーリンはずっと泣きながら寄り添っていてくれまして、しばらくして(時間がどれくらいかは不明)動こうとする意思が働き始めましてダーリンが手伝ってくれたので変な体勢で崩れていたところからダーリンの膝枕にたどり着き、布団をかけてくれはったダーリンがもしや寒いのではと何とか動かせた手でダーリンの腕の辺りを触るとやっぱりシャツ一枚。
ダーリンが風邪をひいてしまうと自分がかけてもらった布団をダーリンにかけようとするとなぜか吹き出さはって大丈夫ですよと布団は私の方に戻され、それでもやっぱり寒いに違いないとまたその布団をダーリンの方にやろうとして戻されというのを何回かやっているうちに(頻度は減ったけれど毎度そんなことをしている気が…)声を出せるようになりました。まだ言葉にはなりませんでしたが「あー」とか「うー」とか言いながら何とか喋れるようになろうとしていた後、ようやくこっちの世界に戻ってきました(´ω`*)

すっかり戻ってから、憤りやいろいろの内容を伝えまして(すでに平常心)ところでどうして私が布団を掛けようとした時に吹き出したのかと聞きましたら
「いや〜、可愛くて」
と言われましたΣ(´□`*)
ちなみに解離にいたった原因は食べ物の恨みというわかりやすいものです(*´□`人*)エヘ←恐ろしや

その事件のせいで(我が家の大事件)予定していた挿し木を出来はらへんかったので昨夜、帰ってきてからしてはりました。

こちら簡易温室

上から何重もにしたラップをかけはりました。
土に温度計も刺さっています。土の温度をはかるらしい。
挿し木が成功したらひとつ、うちにもさざんかを植えるそうで楽しみです(´ω`*)
その話が出てから

さざんか さざんか 咲いた道〜
焚き火だ 焚き火だ 落ち葉たき〜♪

と口ずさみがちです(笑)
他にも最近口ずさむことが多いのが

追いかけて〜雪国〜♪

そんな私ですが新しくはくタイプのおむつカバーを縫いました\(*´▽`*)/←無理矢理話を変えた

何となくこつがわかってきたので縫いやすくなりまして、ずっと憧れていたパンツの足を出すところがふりふりのもの!それをおむつカバーで再現しようと試みています。
こちら

この状態だとふりふりしていますがはくとあまりふりふりしません。近づきはしているので次はもっとあれに近づけるべくがんばります\(*´▽`*)/

挿し木をするのにダーリンが花瓶から時期の終わった菊もはずしたりしてくれてはって下に落ちた葉っぱやらを布巾で集めながら話していたのですが、私は二人で暮らすようになっていろんなことが出来るようになってきました。

以前は精神的にいっぱいいっぱいで他に気持ちをむけたりすることもなかったり、身内は働くことでいっぱいでそれ以外をするのを見る機会もほとんどなかったので、いろんなことを面倒がる人間に育っていました。
それがダーリンは何をするにも面倒がることがないのです。いつも楽しそうに何かをしています。それを三年ちょっと見ていると気持ちの余裕が出てきたこともあっていろいろ見えるようになりました。

使用したやかんをすすぐことも放棄しがちだったのに今ではすっかり茶道楽なため、急須でいれますがその後の始末をするくらいたいした手間ではなかったことに気づきました。
それをしただけでまた美味しいお茶をいただけるのです。そうして入れるお茶も同じ葉でもいれるタイミングや湯の加減でまったく違う味になることを知りました。
私の場合は二煎目を好みにいれるのがなかなかにむずかしく、一人の時間に加減を試しながらいい方に味が変わったら帰ってきたダーリンに飲んでもらっています(´ω`*)
家で急須でお茶を入れることのなかった私ですが、せっかく美味しいお茶をいただけるようになったのだからやかんも急須もとても大事なものになっています。
なのでそれをすすぐことを面倒だと思うなんてもったいないのです。

座椅子に座っていて、畳に敷物を敷いてお茶をいただいたりごはんを食べるのでクイックルワイパーが導入されました。そうして目についた埃や糸屑をそれでとるようになると、何でも拭く用の雑巾とは違って畳の部屋でこぼしてしまった水分などを拭くために作っていた布巾でそれらを集めてゴミ箱に捨てるようになっていることに気がつきました。
そのきっかけが隣人にいただいた菊と挿し木をするために持って帰られて入れてあった花瓶の下に落ちた葉などを集めていた時でした。
そのことを挿し木をしていたダーリンに伝えると、習慣になったんですねと返ってきました。

これに限らず何かを出来るようになったり自然にするようになったことが新たに別の何かをするきっかけになり、それがまた新しいものにつながる。そういう風に生きられるようになったことが嬉しいのです。

手間が自分の心にゆとりをくれるならば、それは面倒な手間でもなくすべき手間でもなくむしろ、はっきりは知らないながらもそうありたかった私の生き方をさせてくれる大事なものでした。

感情の起伏が激しいのはかわりませんが、それが悪なわけでもありませんしやりたいものをまた見つけつつ過ごそうと思います。
ここ最近は教本を見てティンホイッスルを吹くのが楽しくて気持ちも明るくなるので、お願いして楽譜を買ってもらうつもります(*´□`人*)