田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

お茶と笛

何日か寝不足でダーリンは具合を悪くしてはりましたがその寝不足が解消されてから民族楽器コイズミさんでティンホイッスルなどを買ってきてくれはりました(*´∀`*)

お茶の時間もできました。
白玉汁粉を作ってくれはったので岩茶房さんの夜来香と一緒にいただきました。

実はしばらくにおいがわからなくなっていまして吸入をしても横になるとすぐにまた呼吸が苦しくなりますし、体が重くなって動くのをためらうようになるとやかんで沸かすお茶を大きい方のやかんで沸かして楽をしようとしたりしていましたが、しばらく暖かかったこともあってか二日目にはもう味が悪くなり始めて苦痛になってくるという状態でした。
目が覚めるとすでに目の周りの痛みがあってそれをマッサージしたりして回復しないかと試していたのですが結局夜になっても治まるどころかひどくなって吐気がしだしました。
そんなわけで痛み止めのロキソニンを飲んだのですがあまりかわらずひたすら暗くして動かないでいました。
その日がちょうどダーリンの寝不足による具合の悪さがなかなかな日でして、帰り着いたダーリンは嘔吐。

寝てはる間に私は何とかしないとと思いまして、この頃のお茶を楽しめないどころかおいしくなく苦痛だとなっていたことを思い出したのです。
どうせこんなに痛くて吐きそうで起き上がるのも嫌になってくるくらいに具合いが悪いのであれば、起き上がってお茶をいれて飲もう!と決めましてもぞもぞと這ってお茶のあるコーナーに移動。
お抹茶をたてていただきました。
ひとくちいただいた時に右の鼓膜が震えるのを感じました。心地よいと右の鼓膜が震える質なのです。
そうしてほっと一息した後にお布団に戻りました。
しばらくすると痛みがすっかりなくなったのです。
だいぶ混乱していたので日にちや時間の経過を間違って記憶しているかもしれませんが、具合の残念な状態や疲れなどが続いて体がすっかり緊張して固まっていたのが好きなお茶を飲んでほぐれたのではないかと思うのです。
そういうわけで、大きいやかんで沸かしたお茶に苦痛を感じながら飲むよりもこれまでのようにいいサイズのやかんで京番茶を、もうひとつのガラスのポットでほうじ茶を。それに急須でその日に飲みたいお茶をいれて飲むのが私にとっては薬なのだと自覚しました。

それと沸かしたてのお茶でにおいを感じつつ冷ましていますとどうも吸入器での吸入よりも呼吸の楽な時間が長く続くのです。

いや~、おいしいお茶素敵(*ノ´∀`*)←たっぷり飲むことにためらいがなくなった


そうして呼吸がしやすくなるとダーリンと飲む岩茶のにおいも再び感じられるようになりました。
夜来香はやっぱりとろけますな(*´艸`*)


寝不足から復活したダーリンが民族楽器コイズミさんで新たにティンホイッスルを買ってきてくれました。
私がこれまで練習していたのはD管でしたがそれよりも低い音のものも吹きたいとお願いしていたのでC管とB♭管を。
一番左が使っていたD管。真ん中がC管。一番右がB♭管。
右に向かって低くなっていきます。

篠笛も買ってきてくれはりました(*´∀`*)←吹きたかった

あと、メトロノームとお手入れのもの

今日はダーリンがお休みになりまして、ごはんを作ってくれてはる間に台所の横でティンホイッスルをそれぞれの管で吹いて練習していました。
途中から歌を知っているものはダーリンが歌い出さはったので、私が吹いてダーリンが歌うという素敵な時間を過ごせました(*´艸`*)

ダーリンは久しぶりに時間をかけてごはんを作れたと喜んではりました。
12月1日昼ごはん


お粥、アボカドとサーモンのわさび醤油あえ、かぶら蒸しのきのこあんかけ

あんかけに百合根が入っていましてとっても久しぶりでした(*´ω`*)←百合根好き

今からチャイをいただきます(*´人`*)

ちなみにダーリンが最近練習中の笛はナイというトルコの斜め笛です♪