田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなり楽しく生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。体の具合が悪くなってから完全に着物生活に。

ダーリンがべんがら染めをしてくれた

本日のしゃっきりみたいなコーナーとして、何とかしゃっきり出来た姿を撮っていこうと思っていたのですが思ったよりよろよろになるのが早かったもので二日しか続かなかったその二日目の私は横になりやすいようにだいたいは前で結ぶので名護屋帯を前でお太鼓にしようとしまして途中からのし結びにしてみたいなと思ったのですがのし結びの結び方を知らなかったのできっとこうだろうとやってみつつ、最終的に文庫結びの要素も入ってきた感じで結べました(*´ω`*)←気に入った

思ったよりがっちりしていまして、座椅子にいてダーリンと話す時に左にある脇息にもたれているものですから体が左に傾いているわけです。なので気がついたら右腕がこの帯の結んだ上にのっていてバランスを保ちやすくなっていました(*´∀`*)(笑)
ぐっすり寝た後もちょっと整えれば元通り。
私、そこそこ回復して自力で街まで行けるようになっても前で結んでころころ(マイシルバーカー)を押している気がします。疲れたらすぐに休めるのは重要です。

岩茶房さんでお茶をダーリンが買ってきてくれました。

正山小種(ラプサンスーチョン)、岩茶の紅茶です。
話を聞いてぜひ飲んでみたいと言っていたのを覚えていてくれはったんですね。
いれてくれはった時にとても懐かしい気がしました。
「焚き火のにおいがする~」
と言いながらいただきまして、二煎目はミルクティーにしてくれはりました。砂糖ではなく蜂蜜をいれて、まずは蜂蜜をまぜる前に飲んでみてくださいと言われていただき、次に蜂蜜を混ぜてからいただきました。
一煎目の終わりの方ではおいしいけれど香りが強いので何杯もは飲めそうにないと話しましたが、ミルクティーになるとまったく癖がかわってやわらかくなっていました。ダーリンが砂糖ではなく蜂蜜をいれはったのをこれは確かにそうだなと納得。

その岩茶房さんで蓋碗も買ってきはりました。

片方は家にあったのですがお揃いで一緒にお茶タイムをしたいですねということで二つに(*´∀`人*)
ちなみにこの蓋碗は普通の湯のみくらいの大きさがあるのです。すでにお揃いで持っていて時々使う蓋碗は煎茶茶碗よりも小さくて、日々のお茶の時間にいただくにはいただける量が上品過ぎるのでそれは何か特別な時に使いたいわけです。
この蓋碗は一人の時間に、ティーポットでいれるほどはいらないけれど少しハーブティーが飲みたい時にも活躍すると思います。

12月15日はダーリンがお休みでしてお昼にさつま芋ときのこの炊き込みごはんと納豆オムレツを作ってくれはりました。たまたま座椅子にいたのでそのまま食べることに。

美味しいので必死になって食べていたのですが胸の途中でとまっていると言いますか胃におさまらなくて、何度も上がってきようとします。
それでもお茶を飲みながら何とか食べきったのですが、まったく吐き気はないのに繰り返し体内から飛び出そうとするのを乗り越えた後、寒さに震えてダーリンに上着をかけてもらいましたらいつの間にやら眠っていました。疲れ果てたんですね。
後で聞いたところではうめきながら食べていたらしく心配だったそうです。
一度目覚めて横のお布団に移動。しばらく休んでいましたがすっかりしょんぼりと落ちこんでいました。
その日は裾に使う襦袢の布をダーリンにべんがら染めしてもらう予定だったのです。他にも染めてもらう布を選んだりしていました。
せっかくのお休みの日だから一緒にいろいろしながら過ごして昼夜逆転しているのも戻す予定でした。
なのに起きたら18時。昼夜逆転を戻すのに失敗しまして、結局何も出来なかった…と沈んでいたところにダーリンが
「べんがら染め見ませんか?」
(*´∀`*)!!←テンション急上昇
私が寝ている間に染める前の作業をしてくれてはったようです。
もぞもぞと台所の入り口に移動(●´ω`●)←さっきまでのしょんぼりはどこに?

おお、こんな色なんですね

これはビリケンモスを染めてくれはったもの

これが染めてもらうきっかけになった正絹の襦袢の布。もとからの柄が浮き出て良さげ

せっかくだから下染めしていない布も染めてみますかということでリネンも

リネンは下染めしていないのでだいぶ色は落ちるそうですがそれはそれでおもしろいそうなので楽しみです。この後、干さはって今頃は乾いていると思いますが帰らはったら一度洗うそうです。
今の乾いた状態も見たいので帰ってきはってから持ってきてもらえるようにお願いしようかと。

ちなみに液がまだ使えるということでその後にダーリンが以前編んだレース編みのパターンの試作のものを染めてみはりました。

大きさは20センチ×40センチくらい。
いろいろ編むパターンを考えては編んでみて、いいのが出来たら大きいものを編んではります。
ずいぶん可愛い感じに染まりましたね(*´∀`*)

夜はシフォンケーキを作ってくれはりました。
そして台所から悲鳴Σ(・∀・;)
どうも私と暮らすようになってからごはん作りがメインになってお菓子作りの機会が激減したため残念な結果になりやすくなっているのではないかと。
私としてはおいしいので問題がないのですが(味はかわらない)、シフォンケーキはつまってしまってはシフォンケーキではないそうで(ふわふわが重要?)とっても落ち込んではりました。

苺をこんなに盛られている理由が何となくわかっていたのでがんばって食べていましたがもう少しで食べきるという時に酸っぱいから無理だと伝えて拒否(´・ω・`)←酸っぱいものが駄目な人
「竹さんはビタミンが足りてないからがんばって食べてください」
と言われましたがそういう理由だろうと思いがんばっていたけれどやっぱり無理であることを伝えて再び拒否。
仕方なくダーリンが食べきってくれました。
「やっぱりあん肝ですかね」
と言いながら。

このシフォンケーキと一緒にいたたいたお茶は月季。白茶です(*´∀`*)

昨日の昼に食べた炊き込みごはんと他のおかず、それにシフォンケーキを置いてダーリンは仕事に行かはりました。こはんの方は無理だったら食べなくてもいいという気づかいの言葉をかけてくれてから行かはりました。
食べられなかった私が自分を責めるのと作ってくれはったダーリンに申し訳なくて落ちこんでいくのを知ってはったのでしょう。
そんなわけで18時頃に目覚めてお腹がすいていた私が先にごはんとおかずをどちらもそれそれに食べようと試みたものの食べられずにあきらめてシフォンケーキを完食したことに対して、シフォンケーキだけでも食べられて良かった~(*´ェ`*)とちょっと安心な方向に気持ちが向かいました(笑)
ダーリン素敵。

しかし、力のいる食べ物がまた食べられなくなってきていることは間違いないのでスープやポタージュとお粥で過ごす日々がまたくるのでしょうね。
おいしくて好きですが固形物も食べたい!と思ってしまいます。でも慣れるので特にそうも思わなくなっていくんですけどね( ・`д・´)←慣れる生き物

やっぱりちゃんとごはんが食べられなくなってきていることをはっきり自覚した昨日、移動はほとんど這っていますがまったく立ち上がれないわけではないので必要があってちょっとの間立っている時にこれまでは体が斜めになってもぎりぎり立ったまま足で体を支えられたのですが、斜めになるとずいぶんな確率で尻もちをつくようになっていることに気づきました。
尻もちならまだいいのですが、座椅子など手をついた時に手をひねってしまうものの上に倒れると危ないのでちょっとしたピンチを迎えています。まったく立てなくなった時期もあるのでまた体調が楽になる波がきたらクララが立った!とか言って喜んでいると思うので別段悲劇的なことにはなっていませんが怪我は禁物です。縫い物や笛を吹く趣味の時間に影響します!

そうそう、縫い物といえばただいまおむつから尿が漏れてしまった時のために敷いてあるナイロンの布の上に漏れた尿を吸収してくれる用の敷物を増やしています。寝返りが多くてその寝返りと共に布をずらしてしまいがちなので布そのものの重さがいるということで増やし始めた、端切れでパッチワーク作戦は今も続いています(*´ω`*)←とても使い勝手が良い
芯にいいサイズに切った布をはさんでいます。

それと伊達締めが縫えました(*´∀`*)

かつて着物だった正絹の布です。左右の紐の長さがなぜ違うかと言いますと、趣味です!ヽ(=´▽`=)ノ←そういうのも試してみたかった

ダーリンが帰ってきはったら着替えるのでその時にさっそく使ってみようと思っています。
帰ってきはると浮かれてテンションが上がって動こうとするので、着替えるには一番いいのです(*´∀`*)
そして着替え終わって前日とは違う装いになっているのをアピールしに行きます(笑)
そんな私はダーリンが言うには柴犬っぽいらしいです。