読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

ダーリンの手作りごはんをアップ出来ることに気づいた

7月1日の夜ご飯はたこ焼きでした(´▽`*)

f:id:taketsurutanuki:20150702165255j:image
明太子マヨネーズも作ってくれはりました。

f:id:taketsurutanuki:20150702165355j:image

私が明るくして写真を撮るのはなかなか難しくても、私が眼帯をして横になっている間にダーリンに撮ってもらったらいいことに気づいたのです(ノ´∀`*)イヤー

それと、せっかく下書きが出来るのですから写真は可能な瞬間に撮ったものを貼っておけば後で文章は書き足せるじゃないか~ということにも気づきました(笑)
ですから写真に残したいものはダーリンにどんどん撮ってもらうことにします。

書いていて気分が悪くなってしまうためにそこまでであきらめて投稿してしまうこともこれで解消です(´▽`*)←そうすると以前書いていた気が…

7月3日の夜ご飯

f:id:taketsurutanuki:20150705181706j:image
7月に入ってから三日連続で瞼が閉じるだけでなく口がひっばられて顔が歪むというのになりました。
眼瞼痙攣(局所性ジストニア)の症状の出る範囲が拡がってきているのでしょうか。
写真を撮ったので次回の診察で先生に見せるつもりです。
そりゃもう、見た目にとっても歪んでいましたとも(笑)
ただ本人が感じているよりは歪んでいませんでした。

瞼が開かないことと光を見て気分が悪くなる頻度はあがっていますしその時によってはダーリンにメールを返すことも出来ません。
そういうわけで二胡の練習をするのに二胡を出したり閉まったり、調弦をすることをダーリンに手伝ってもらうことになりました。
ダーリンは朝にお仕事に行って帰ってくるのは夜なので出してもらったりしまってもらったりするというわけではありません。
ダーリンがお休みの日などに目を閉じたままで二胡の出し入れが変な方向になって歪んでしまっていないかを見ていてもらったり、調弦の音がチューナーと合うかを見てもらい助言してもらうのです。

先日、合っている音を録音させてもらったのでその音を聞いて覚えるつもりです。

幸い私は二胡にふれるのは今回が初めてです。
まったく最初からならばいろんなことを身に付けるのに、以前ならこうだったのに…という苦悩が起こることはありません。

それと練習曲に知らない曲が多かったことも嬉しいことでした。
おかげで素敵な曲を知る事ができましたし、二胡と同じ日に買って帰ったカリンバでも弾けます。起き上がる力も笛を吹く呼吸の力もない時に胸の上に置いて音をさぐりながらその知った曲を弾いてみるのです。
それは癒されて心踊る時間です。

音楽っていいですね。

今はほとんど縫い物は出来ないのですが、少しだけでも縫えそうな気がしたら試しに縫ってみています。
縫い物はすっかり癒しになっていたのだと、こうして縫える時間が激減してから知りました。
結婚した頃はまだ縫い物を始めたばかりでちっとも縫えませんでしたが、帰ってきたダーリンに教えてもらって自分の着るものは縫えるようになりました。
刺繍だってダーリンに本を借りて時々説明の意味がわからず教えてもらいながら刺せるようになってきました。
すっかり楽しみとして定着していたのです。
眼瞼痙攣の症状の悪化(おそらく悪化だろうと)で縫える機会が激減した頃の何とも言えない苛立ちはきっと、楽しみが何も出来ずに真っ暗な状態で横になっているしかなかった自分への憤りだったのだと思います。

何日か前に少し体が楽で縫い物がそこそこ出来た日にどれだけ縫い物が自分の中で大きくなっていたかを知りました。

それでもダーリンが私が少しでも楽しく快適に過ごせるようにと一緒に考えて話してそれを出来るようにしてくれはるから私はひどく荒れてもまた楽しんで過ごせることを探そうと出来るのです。
弱り始めた頃にダーリンが私に、出来なくなったことよりも出来たことを話す方が楽しいですよと言ってくれはりました。
本当にそうだと感じます。

先日、ダーリンが私が刺繍糸が減ったので増やして欲しいと言っていたのを覚えていてくれはって刺繍糸を上一段の色すべて買ってきてくれはりました。
また次回下の段も買ってきてくれはるそうです。
ちょこっとずつでも刺繍をしていこうと思います。
ダーリンに何に刺繍するのがいいと思うか聞きましたらマスクと言われました。
マスクといえばこの頃は必須になっていて着々と縫い増やしているものです。
ダーリンが言うには私が今まで刺繍してきたキャラはみんなどこか私に似ているんだそうです。

自分の精神状態の振れがここひと月ほど大変大きくなっていることを聞きました。
具合が悪いから仕方がないとダーリンは言ってくれはりますが出来るだけダーリンにしんどい思いをしないで過ごして欲しいので、楽しめることをしつつ可能な限り心を安定させて過ごせるように努めたいです。

ダーリンが帰ってきはってからの気分のウキウキ盛り上がるのは別で(笑)