田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

冷えは万病のもとなので温めるものを増やす

ずいぶんな年月をほとんどお腹を下した状態で過ごしてきた私は、毎日ビオフェルミンを飲んでいてもやっぱり下痢になることが多いのでお腹は温かくしておくに限ります。

そういうわけで反物をいい長さに切って縫い合わせ、兵児帯をふたつ作りました。
こちらは白の正絹
f:id:taketsurutanuki:20150722024813j:image
 
こちらは江戸小紋と書いてありました。
f:id:taketsurutanuki:20150722024829j:image
とってもしめ心地が良いです。
 
いつもより早く帰ってきはったダーリンがぼた餅を買ってきてくれはりました。
白茶をいれてくれはったのと一緒にいただいていたら急に写真をパシャパシャと撮り始めはったのがこちら(笑)
f:id:taketsurutanuki:20150722024849j:image
この時は頭巾を縫っていたのです。
顔が冷えて痛みを呼ぶことへの対処の頭巾でして、縫い上がってかぶったのがこちら。

f:id:taketsurutanuki:20150722024926j:image
ダーリンから水戸黄門に出てきそうと言われました(笑)
 
眼瞼痙攣の関係らしい顔が歪むものに内服薬を処方してくれはってから目が閉じてしまうことが減りました。
しかし問題が出てきまして、私の眼瞼痙攣は目の周囲に痛みがあります。
これまではある程度具合が悪いと瞼が閉じていましたのがあまり閉じなくなったことにより、痛みがあっても目が開くからと何かをしようとするために目が光にさらされます。
それが痛みを増幅させて吐き気を呼び、最終的に嘔吐となることが非常に増えました。
そして顔の歪みが一度始まると同じ状態で歪むのではなく移動しながら歪むようになりました。
たまたまの症状の変化でしょうか。
ただ、痛みによる気分の悪さと嘔吐は間違いなく増えました。
痛みは横になっていて手で温めていると少し楽になることがあるので頭巾で肌の出ているところをなるだけおおっておくことにします。
ほんのり温かくて水分も保てるような気持ちの良さがあります。
 
こちらは7月21日夜の冷やし中華
f:id:taketsurutanuki:20150722024939j:image
美味しかったです。