田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

久しぶりに眼瞼痙攣の治療に行けてその後

体調が多少楽になってきたのと、もうひとつはっきりと治療に行かねば楽しめないイベントが目前にせまっていたのもありまして二年ぶりに眼瞼痙攣の治療のボツリヌス注射に行ってきました(*´∀`*)
しかしですね、外に出ることがほとんどないからということで二年も治療せずにひたすら光を遮って目を守ってきたわけでして、初めてのボツリヌス注射の時はぱっちり瞼が開いて痛みもほとんどなくなり快適な目の状態に戻りましたがそうはいきませんでした。
守られっぱなしだったので一日の限界がくると瞼は閉じますし痛みは減りましたが毎日くらいあります。それと、この二年で体が目を閉じたら楽になりやすいと覚えたらしく(?)体調がぐったりな日は瞼が開く気はないようです(笑)
このまま治療を再開するのでこれからに期待です(*´ω`*)

それでですね、治療再開を決意したイベントに行けた日の京都コンサートホールでの写真。

実は人権擁護のいろいろと、樋口了一さんのトーク&ライブに応募したら抽選で当たりまして、ダーリンと二人で行ってきたのですヽ(=´▽`=)ノ
コンサートに行くのが初めてだった私は数日前からドキドキ。
久しぶりのボツリヌス注射で瞼がだいたい開くようになったことで目が疲労困憊らしく、熱を出したり寝込んだりもあってほんとに行けるのだろうかと不安になってダーリンに聞くたび
「大丈夫ですよ。行けますよ」
と励まされながら当日を迎えました(*´□`*)←当日の朝にも言っていた気が…

樋口了一さんの前に人権の朗読や四コマ漫画の授賞式とトークがありまして、受賞者と審査員(だったはず)の対談が予想外におもしろくて何かの対談を見に行ける機会がまたあったら行きたいなと思ったりしました。
樋口了一さんの聴きたかった歌は全部聴けてほくほく(*´∀`人*)
途中で体力の限界と目の限界がきたために頭からこっぽりこれまでのように布をかぶっていましたが楽しかったです。

それから何日かは疲れのためでしょう、連日の発熱と眠りっぱなしの日々でしたが起きるとごはんをもりもり食べていたのもあり(目覚めるたびにとっても空腹)自力座りが出来る日もまたきました。
こちら、ダーリンとお茶を飲んでいたら
「竹さん、浪人みたい!」
とキャッキャされたので撮ってもらった私(笑)

2月6日の夜ごはんはカレーグラタンを作ってくれました。
焼きカレーではなくてカレーグラタンであると主張してはりましたが、焼きカレーを知らないので区別がわかりません(*´∀`*)(笑)

二人で一緒に飲んだお酒♪
前にプレゼントしてくれはった竹鶴25とチーズはシャウルス・クルミエ。ワインはLAVIAのモナストレル・シラー

昨日はダーリンがお休みだったので私が寝ている間に洗濯をしてお茶やら買いに行ってくれてはりました。私が目覚めたのは夕方の五時頃でしたがずいぶん寒くていつもよりもエアコンの温度の設定を上げました。
本当はストーブに鉄瓶をかけるのがいいのですが、一人の時間は痙攣を起こすと危ないのでエアコンです。
でもダーリンが帰ってきはってストーブをつけ鉄瓶をかけると間もなく、それまでエアコンをつけていたよりもよっぽど暖かく快適に。湿度大事ですね(*´ω`*)

買ってきてくれはった椿堂さんのお茶。

そんなわけで、ぷるぷると震えながらエスキモー状態でストーブに近寄り、買ってきはった神亀と一緒に写ってみました。

そんな2月10日の夜ごはんはちらし寿司とぶりの春菊おろし和え、かぶの葉のサラダでした。

旬ですね。

お粥でないごはんを食べられるようになったのです(●´ω`●)←おにぎり好きにはたまらない