田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなり楽しく生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。体の具合が悪くなってから完全に着物生活に。

ダーリンの手作りごはんと私の体調

妙な感じの体調で二日間ほとんど睡眠を取れませんでした。しかしその二日目に少し寝られたと思ったらぐにゃっとした感覚と吐き気に襲われた状態で目覚めまして、それが痙攣を起こした後にとてもよく似ていたのでもしや軽い痙攣を起こしたのではないかとパニックになりながらダーリンに電話をしました。
話そうとしても声が喉で詰まってほとんど出ず、一通り言おうとしていることが伝わりましたら「帰るから待っていてください」と言われたので横になって待っていました。
帰ってきたダーリンにまた話しかけようとしましたがはっきり言葉になりません。でもこういう時ははっきり大きな声で話そうとせずに口をあまり開けずにぼそぼそ話した方が声が出ることを思い出しました。
ダーリンが抱きしめてくれた後に泣いたので、もしや体調が悪いのではないかと不安になってしんどいのか聞いたのですが首を振るばかり。

どうやらこの時にダーリンが泣いたのは帰ったら私が死んでいたらどうしようと不安だったらしく、生きていたことに安心したためだったようです。

2月18日の夜ごはん

豆粥
ヤリイカの酢味噌和え
サブジ
かぶの葉のサラダ

2月19日の朝ごはん

マカロニ
クリームシチュー

この頃、ダーリンはなかなか疲れがとれないようで今日はお休みだからとにかく一日寝ていようということになりまして、私の寝ている昼から夜にかけてもぐっすり寝てはったようです。
たくさん寝て疲れをとるためにクリームシチューは途中まで昨夜のうちに作ってはりました。

なので夜中に起きていた私がお腹がすいて食べ物を探しに行こうとすると起きてマカロニを茹でてクリームシチューを完成させて持ってきてくれはりました。

昨夜からですが食べるのに枕を胸の下に敷くのではなく完全に横になった状態で食べないと体力が食べきるまでもたなくなっています。
朝ごはんを食べている途中でその限界がきましてぐったりしていると呼吸もきびしくなってきて喉から変な音がします。時々、呼吸が出来なくなって止まったようになるとゲハゲハと咳き込みましてまた少しの呼吸と変な音。それを繰り返していてダーリンに変な音のことを伝えるとしばらく耳を口の辺りにあててはって
「喘鳴ですね」
とひと言。
慢性副鼻腔炎でもらっている薬がきれる頃をダーリンに伝え忘れていたためになくなってもお仕事の都合でなかなか病院の時間に帰ることが出来なくて何日か薬を飲めていないのです。
慢性副鼻腔炎ハウスダストアレルギーなのですが、通い始めた最初の方で薬が喘息で処方される薬にかわったのでたぶん症状が喘息とかわらないのだと思います。
薬を飲めている間もお茶の時間を何日か出来ないと吸入をしなければいけない回数が激増します。お茶の時間は美味しくて癒やされる上にお茶の殺菌効果で症状が和らぐという素敵なものです。
それでもお茶の時間が出来てはいても薬が飲めていないとこれだけ悪化するんですね。

そんなわけでこれからは早いめに薬のなくなる日を伝えられるように心がけることにして、今夜もお茶の時間ですヽ(=´▽`=)ノ

岩茶の石観音と和三盆の御干菓子
癒される~(*´ω`人*)

ただ今ダーリンは夜ごはんの準備中です。