田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

瞼が開かないことが激増した

眼瞼痙攣の注射を打ってもらってからまださほど時が経っていませんが、多くの時間で目を開けていられません。
光を受けるとひどい疲労があり、開かなくなると少し楽になります。

自分の体にかかる負担を楽にするために閉じてしまうのかもしれません。そうだとすればそれは自分を守るために体が選んだことなのでしょう。眼瞼痙攣は原因が未だわからない病気です。

そういうわけで写真を撮れる機会は減っていまして瞼が開く時にちまちまと書き進めることになりますから、あまり写真のない文章がばらばらとした日記になっていくかと思います。
それでも出来れば少しずつ言葉に残していきます。

先日、ダーリンと梅仕事をしました。
私は動きがとっても遅いので三分の一も出来ていませんが、今年も一緒に出来たことが嬉しい。
私が写真を撮れないのをわかってくれてはるダーリンが写しておいてくれはりました。

家の中でも頭巾をかぶり光も視界も遮って過ごしているのですが少々困ったことが。
暗いめにしていても瞼がすぐに閉じるため縫い物を短い時間しか出来ないのです。起きている間の多くの時間を縫い物をして過ごしていましたからそれを無理な時間が増えるととっても暇になってしまいます。
暇なことがずっと続くと私はとってもやさぐれる生き物です。

それでふと、以前買った点字の絵本を取り出してきました。
ちゃんと点字を覚えて点字の本を読む時間を作ることで楽しみを増やせますし、ダーリンが点字のタイプライターがあるのを見つけはりまして、ノートにつけていた普段の日記はそれで打つようになればいいと言ってくれはりました。
いつかその日記を読み返す時のため、ダーリンは点字のひらがな50音は読めるようにするそうです。

他にも楽しみを増やしたいということで二人でいろいろと考えていましたら、とても小さなキーボードがあるそうでイヤホンをつけて弾けて横になったまま両手の平に持って楽しめるということだったのでぜひにと購入してもらうことになりました。

それと、昔流行ったもこもこペンだかそのような名前の書いたところが膨らんで書けるペンがまだあるようならば、そのペンで書けたところを触りながらお絵描きをするのはどうでしょうかと言うとそれは楽しそうですということでそのペンを探してきてくれはるそうです。

イメージでは福笑いで遊ぶ時と感覚が似ているのではないかと思っているのですがどうでしょうね。

趣味が増えてはまた新しくそれを出来なくなる原因がきて、その状態で楽しめることを考えて楽しいと浮かれてはまた違った何かがそれを出来にくくしてきますが、この頃はいろいろなものがありますからきっとやわらかく考えればその時その時の楽しみを見つけられるでしょう。

生きているのは今だから大丈夫(*´∇`*)←ダーリンが言ってはった
そのためにそれまでのことをよく忘れていくのでしょう。
それはもう、とっても忘れていますとも(笑)

点字を指でわかるようになるのは慣れだと気づいたのでいっぱい読んでいきます。
たとえ二行読みきるのに二時間半かかろうともヽ(´▽`*)/(笑)