田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

また弱り始めた模様

1月28日の夜ごはん

f:id:taketsurutanuki:20160129004551j:image
お粥、鮭のホイル焼き、菜の花とタコの酢味噌和え、味噌汁。
ホイル焼きにはチーズのすらはったのをかけて食べました(´▽`*)

ちなみにこのごはんをダーリンが作ってくれてはる間に私は着物の続きを縫っていました。
寒いと着物の上にさらに着物を着て帯をしめ、それにセーターなり羽織なりでさらに防寒をしているもので帯をしめる前の二重めの着物の襟のないものを羽尺の反物から縫いました。

仕上がり図
f:id:taketsurutanuki:20160129005111j:image

灯りが暗いため見えませんが、織りで波や松や桐などの柄があるのです。
縫えたので大喜びで着て台所のダーリンに見せに行きました。

f:id:taketsurutanuki:20160129005334j:image
我が家で一番明るい部屋は台所(笑)
ちなみに中に着ている着物は白地に赤のチェック柄です。襟と裾に見えています(*´△`*)

先日からしばらく舌に移動しながら痛みがありまして、この朝はそれが下唇の内側にきていたので鏡でみると膿んでいました。
なのでやっぱり口内炎が続いていたのだとわかったのですが、私はそれだけ口内炎が続くともう這ってしか移動出来なくなっていましたし、熱もだいぶ上下が激しくなっていたのに今回はとにかくたくさん眠る、目や三叉が痛んで吐きそうになる→また眠るというので何とかなっていまして部屋の中の歩行は可能ですし机でごはんも食べられています。
それに縫い物も座椅子ではなく座布団に座って出来ているので具合が悪くなっても前よりずっと良くなっているのではとダーリンと話していました。

1月30日の夜ごはん
f:id:taketsurutanuki:20160131214918j:image

この日は端切れの安い日だったとかでダーリンが仕事の帰りに買ってきてくれはりました(´▽`*)
f:id:taketsurutanuki:20160131012848j:image

しかしこの日の夜ごはんは食べきれず、今にも吐きそうになります。
考えてみれば昼に寝て夜に起き、ダーリンが帰ってきはるまでお布団から動きませんでした。
お布団から動かないというのはしばらくなかったことです。
前より良くなってきているのかもと思ったのはまだ弱ってきている途中だっただけなのかもしれません。

現在、必要であれば立ち上がることは出来ますが先ほどダーリンが帰ってきはって台所に行かはったのに着いていきましたがそちらの部屋に行ってから自分が這って移動してきていたことに気づきました。
少しだけ台所の前で犬さんでいうところの伏せの体勢でいましたが、あきらめて布団に戻りました。

今夜のごはんは布団で食べる予定です。
ダーリンがお仕事に行ってはってひとりの間はだいたい布団で横になっていて、時々座って枕元のお茶やコップなどを置いている台の敷くマットをずり落ちてしまわないかたいめの布で縫って設置したり、そこに先日ダーリンからもらった花を連れてきて置いたりしていました。

f:id:taketsurutanuki:20160131222916j:image

少し縫っては横になってを繰り返す分には必要なものは縫えると思います。
ほとんど布団の上で過ごすようになると枕元の便利さとお洒落さがだいぶんと私の精神面を左右しますので出来るだけダーリンにかかる負担を少なくてすむようにしたいです。
病気はいろいろ持っていますが弱っていく原因はわからないままですし、また良くなってきたと思えば再び弱るのを繰り返してひたすら年月を重ねればそれなりに精神的にはまいると思うのです。
いやむしろ、すでに何回も繰り返しているので今回弱ってきても今までほど落ち込みませんでしたが、落ち込みやすく荒みやすい質の人間ですのでそれをあんまりぶつけてダーリンに悲しい思いをさせたくないのです。

そういうわけでちょっとずつでも縫ったり休んだり本を読んだりしながら少しずつでも気持ちを楽にいられるようにしたいです。

今夜はエビフライという話なのでただいまお布団でうきうき待っています(´▽`*)←吐き気があっても食欲はある人