田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

日の光が体にこたえても外の景色の好きなことにかわりはない

10月5日の夜ごはんはつけ麺そうめん(*´▽`*)/

f:id:taketsurutanuki:20161006003716j:image

奥の鍋に入った具だくさんのお出汁にそうめんをつけて食べました。

薬味たっぷり~♪

夏に我が家でとても活躍するミョウガ。植える予定です。

お出汁ですが、しっかりしているのにとてもやさしいお味でした。

 

10月6日の夜ごはんはいくら丼!

f:id:taketsurutanuki:20161006235303j:image

前日に筋子を入手してきはったダーリンが醤油漬けにしてはったのでごはんにたっぷりのせていくら丼を食べました(*´ω`人*)

鰹のたたきはダーリンが鰹を焼いてはったようです。

お腹いっぱいのところに無理矢理おかわりをするという、どれくらいだろうくらいなことをやりました!

 

 10月7日の夜ごはんは前日のいくらにサーモンも入ってある意味親子丼(*´△`*)♪

f:id:taketsurutanuki:20161008072258j:image

 

食後の月ヶ瀬さんのあんみつ

f:id:taketsurutanuki:20161008072848j:image

 

連日、瞼が閉じて開かなくなるためスーパーでは車椅子を押してもらっていました( ´△`)←でも着いていく

一気に冷えるようになったのでうそつきから肌着+襦袢を着るようになりまして、羽織も着るように。

f:id:taketsurutanuki:20161008072815j:image

猫パンチで障子が破れてしまわないようにと障子の紙の裏にプラスチックがついてあるものをダーリンが買ってきてくれました。

ひとつ貼ってみて触りましたら確かにこれは破れそうにありません(´ω`*)

ちょっとずつ全部これにしていきたいです。

 

 しかし眼瞼痙攣の症状がそこそこ強く出るようになると日の高い間は体を起こすことがこたえます。

関連しているとわかるものではありませんが。

いくら日の光がうっすらとしか入ってこないようにしていても、夜になって家の中の電気をつけた方が光は弱いんですね~。

こんなに本もしっかり読めるのに不思議です。

外が明るい間、窓を開けて昼間の虫やら風でなる音を聞いているのが好きです。夜もです。

明るい間の外の景色を見るのも霧の立つ姿を見るのも、近所の方が田畑のお仕事をしてはる様子を見るのもとても好きなのです。

しかし太陽の光の強さに体が負けだすとどうも(笑)

また自然とましになるか、さすがにボツリヌス注射に行かないと無理かはもう少し経たないとわかりません。

寒くなると日は弱くなりますから。

夜中の電気もつけていない時にも瞼が閉じて顔が変形したりもありますがどうでしょうね。

 

この頃は出来るだけケータイを見ないようにしていますが、高校生の頃には大好きだったのに精神をがっつり病んでほとんど読めなくなっていた本をまた読めるようになってきたことが嬉しいです。

しばらく書かなくなっていた文章も(小説とか)また書きたいなと思うようになりました。

昔の文豪は漢文は当たり前に読めたと聞き、燃える闘志(笑)

時間のある時に漢文の本を箱から出してきて貸してくれはるそうです。

アプリで画面を暗くしてはいますがすぐに目がしょぼしょぼと閉じようとし始めるため一気に書くことが出来ないからとちょこっとずつブログを書いています。

そうするとその時の書きたいことをつけるため、更新頻度が上がったような…(笑)

 

日が完全に落ちるとそこそこ明るい間にあった体のつらさが楽になるということは、これからの時期はそういうことでの体の負担は減るかもしれません。

明るい時間が短くなる季節がきますから。

動きがあまりとれなくなるとはいえ、年単位でろくに動けなかったのですから今さらそれで明るい時間を嫌だと思いはしません。

ここはとても気持ちの良いところです。

この頃はよく鹿が甲高く鳴いています。

鹿の鳴き声を覚えました。