読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

私の脅威は今も脅威だった

12月1日のダーリンの手作りごはんはかぶと豆乳のスープと、ムサカでした(*´▽`*)/

f:id:taketsurutanuki:20161202015649j:image

 

この日は12月に入ったとは思えない温さでして、ショールいらず(*´△`*)

f:id:taketsurutanuki:20161202015804j:image

 

本当に冬になるのだろうかという気温の上がり下がりですが、寝る時にマスクをしていないと喉が冷えるのか咳が出るようになってきたのでまたマスクが活躍しています。

前の月の間に私が逃亡したきりだった私の親が夫に電話をかけてきまして、もう五年は経っているからと勢いをつけて話してみたところ、それからしばらく息も絶え絶えで家の中を立って歩くにも崩れ落ちるため横になっているしかない状態になりました。

夫に日々、癒されているため気にならなくなっていた過去は電話を通して話しただけでも恐ろしい威力でのしかかってきて私は潰れてしまいそうになるようです。

ダーリンからは親と電話で話していた時からすでに私の状態の悪化が見てとれたらしく、後日相談に警察に行きました。

おかげで今はましになってきています(´ω`*)

 

 瞼がぴしゃっと閉じてしまうことや顔が歪み始めることは増えていますが、やっぱり体調の良さ悪さに連動しているようですし、精神状態の上がり下がりは体調を左右します。

全部がつながっているのだなあと改めて思います。

 

この頃、同じ時期に縫った肌着類がいっきにお直し必要になっていますが、気持ち弱りや体の弱りで縫い直せないままいました。

それが少しずつ出来るようになってきたのでああ、またある程度復活出来るようだと安心しています。

 

翌日は痙攣を起こしまして、起き上がって何かをすることが出来ずに横になっていました。

頭の痛みなどもあったため苛立ってばかりでダーリンに申し訳なくて謝ったのですが、

「竹さんはしんどいのだから仕方がありません」

と抱きしめてくれはりました。

 

 そんなダーリンの12月3日の手作りごはんは時鮭のホイル焼き(*´▽`*)/

f:id:taketsurutanuki:20161204214116j:image

それとお粥にかぶと豆乳のスープ♪

お腹いっぱいになりました♪

 

もんぺなのですが、前からお気に入りだったものが今のトイレになってから使いづらくなってあまりはけなくなっていたのをゴムはやめて紐タイプに縫いかえました(*´▽`*)/
f:id:taketsurutanuki:20161204214312j:image

 

縫いかえて使いやすくなった喜びで本日、さっそく装着。

f:id:taketsurutanuki:20161204214511j:image

自分の写真をアップしすぎなのはご容赦を(笑)

 

ところでダーリンと話していたのですが、私は現在、体にある病気としてはグリオーマと眼瞼痙攣があります。

そして何年か弱ってほとんど動けなくなっていたためにこちらに引っ越してきて前よりは楽になったものの、目が開かなくなって痛みが発生してそこから吐きそうになりますし体調に波もあります。

体力をつけようにも目が開かなくなると外を一人で移動してどうのはきびしいのです。

しかしです。

私のグリオーマは徐々に大きくはなっているものの比較的おとなしいめなので突然悪性化するまではまだしばらく死にません。

 そうなると、まったく家の中だけで社会と関わることなく日々を過ごすというのは寂しい話です。

夫がいてくれるのでハッピールンルンではありますが、それは社会との関わりが必要ないとは違うのです。

一人で移動が困難で尿とりパッドがけっこう必要で、人見知りで怯えやすい上にほとんど社会に出たことがないため空気が読めないだろう人間ではありますが、死ぬまでまったく何もしないでこもっていても良いとは思えません。

体調が悪くて体力もなくて、光にあまり耐えられませんが、きっと何か出来ることはあると思うのです。

だって完全に要介護の状態でもがっちり働いてはる方もいはりますし、お歳で亡くなる前日まで働ききった方もいはります。

きっと何かあると思うのです。

 

本人たちに悪気はなかったとはいえ、私の脅威として存在している両親から離れられ、探そうとされていることが発覚しましたがそこばかりは死んでも会うことはないでいられるようにしつつ私は社会との関係を持ちたいです。

 

それを少しずつダーリンと話し合っていきます。

出来ることを探します。

まだ生きているんですから。