読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなりラブラブ生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。毎日の夫の手料理が好き。

愛らしさと使命感でがんばります~

目の周囲の痛みに悶えて痛みが引き起こす吐き気も何日か続きました。

それがましになってきて、にゃんずの隠れ家の縁側奥に行ってみると前からどこにいっただろうと思っていた二匹のお気に入りおもちゃの隠し場所を発見(*´∇`*)

取り出してきました。
f:id:taketsurutanuki:20170217154921j:image

写真を撮った後はそれぞれを定位置に置いてきました。

 

2月14日の夜ごはんはぼたん鍋(*´ー`*)

f:id:taketsurutanuki:20170217154811j:image

お義父さんが捕らはった猪のお肉を送ってくれはったのです。

血生臭いお肉は苦手ですが獣らしいにおいのものは好きな私は大喜びでもりもりと食べていました。

ダーリンが、これは血抜きがうまいと言ってはりました。

 

2月15日の夜ごはんは残りの猪のお肉を野菜炒めにしはりました。

やっぱりこの猪おいしい~♪とお豆腐をダーリンにゆずって野菜炒めを多めにもらう私(笑)
f:id:taketsurutanuki:20170217154832j:image

うどのきんぴらも美味しかったです。

 

2月16日の夜ごはん刺し身とおすましと豆腐(*´ω`人*)

f:id:taketsurutanuki:20170217154855j:image

すっかりお粥などの消化の良い主食にしてもらっています。

お粥といつも作ってくれてはるヨーグルトのおかげでお腹を下すことが再び激減しまして、ダーリンと車の中でやっぱりお粥ですねと話していました。

この日は買い出しデートに行っていたのです。

ユザワヤさんで布とバイアステープを購入。

f:id:taketsurutanuki:20170217160019j:image

 

椿堂さんと松田桃香園さんでいつも飲むお茶をまとめ買いもしました。

出来れば文房具も見たかったのですが、何年も人にあまり出会わない暮らしだったため緊張やら不安で肩や首ががちがちに固まりまして今にも吐きそうになったためあきらめました。

 

車の後ろにピンチになったらいつでも横になれるようにと布団を積んでくれてはりましたが、なんとか帰りつくまで助手席に座っていられました。

朝から痙攣を起こしたので心配していましたがひと安心。

車の中で私が、にゃんずが我が家にきてから私が飼い主だという使命感とにゃんずの愛らしさ(喧嘩ごしのこともある)で生活パターンがだいぶと良くなって、どうしても無理で餌をあげるのをお願いしたことはあまりないという素敵なことになったので今度は、体力をつけるために愛らしさと使命感を持てる何かが欲しいと伝えました。

しばらく考えてはったダーリンから、薔薇を増やしますかと返ってきました。

去年、前の家の庭でちまちまと虫取りをしていたローズドメイを挿し木をして増やしてくれはるそうです。

植え付けは秋だから、他のオールドローズはその頃に探して植えてくれはるようです。

鹿にやられないように網の中で育てるということでそのうち鶏小屋も作って鶏を飼うことになる網の中に鹿などにやられそうな植物をプランターで植えるのです。

その中のオールドローズが私の愛でながら使命感と共に体力もつく源になります(*´∇`*)

水やりや土を良くしていったりと楽しみです。

しかしとにかく現在、体力がないため休憩出来て日も防げるようにベンチとパラソルを設置して欲しいとお願いしたところ、私ひとりが寝転べるくらいの小屋を作ってくれはるそうです。

値段をかけられはしないのでお洒落なものにはならないと言ってはりましたが、その中で私のここはこうが良いと言ったところはそのようにしてくれはりそうです。

楽しみです♪

ちなみに何が良いと言ったかと言いますと、外の壁のトタンの配色と入り口は木の戸が良いというもの、それに窓は風が抜けるように両側についていて網戸がビシッと貼ってあり、その外は硝子窓ではなく雨戸のような木の窓!

そしていつか鶏を飼ったら休憩中にその窓から鶏を覗けるようにです(*´ω`*)

どこまで実現するでしょう♪

ちなみにダーリンは子供の頃におじいさんと、私たちが寝ている部屋くらいの大きさの小屋を山に立てたことがあるそうです。

おじいさんとの思い出いっぱいですね(*´ω`人*)

「小屋に休みに入った竹さんが、うっかり蜂も中に入れてしまって慌てふためいている姿が目に浮かぶ~」

ダーリンが愉快そうに笑ってはりました。

そ、そんなこと!( ̄□ ̄;)!!←自分でも浮かぶ

 

 上の布のデニム地のもので予定通り袴を縫いました。

こちら前
f:id:taketsurutanuki:20170217210558j:image

 

後ろ
f:id:taketsurutanuki:20170217210606j:image

いつものように普段着なので何となくそれっぽく縫いました(笑)

はいてみたところ、少し裾が長いので休憩してから上げることにしました。

 

ちょっとずつ地道に進めます!