田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなり楽しく生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。体の具合が悪くなってから完全に着物生活に。

にゃんこ達と病状と庭の花

今回は我が家のにゃんずから。

ダーリンの手料理はまた次回に(*´ω`*)

 

私の枕の上側で熟睡中のもんさん。寝返りでこの手が出たのがとっても気になります(笑)
f:id:taketsurutanuki:20170625022107j:image

ちなみにもんさんはこの頃、昼寝中の私のわきにはさまって一緒に寝てはることがよくあります。 

 

初めて私の膝にのってくれた記念のオセロさん。うにゃんうにゃんと甘えてはりましたが、最終的に私の手をガブッ(笑)
少しイラッとしましたが、そういうものだということで気にしないことにしました。
f:id:taketsurutanuki:20170625022815j:image
もんさんはどれだけなでていても興奮して噛むことがないので(常に穏やかに喜ぶ)喜びの興奮絶頂だということで、そこで手をとめることにしたらその後、膝の上で毛繕いを始めることがわかりました。

 

いつもおやつを食べたいのに食べ物争奪戦に負けてしまっていた杏仁さん。

オセロさんともんさんの勢いが物凄いのと、もともと飼われていたところでも強気に出来なかったこだったらしいのもあり、ダーリンは杏仁さんにちゅ~るをあげる時は別の部屋であげることにしはりました。

すると喜びでおやつ後にご機嫌でこちらに来て喜びのごろんごろん…チラッ
f:id:taketsurutanuki:20170625022147j:image

 この日から杏仁さんのおやつは別室になりました。オセロさんも一緒のこともありますが、オセロさんにはおやつだけは強気になれるようになってきはりました。

その間、私は他の部屋でもんさんと一緒にいるため後でダーリンに教えてもらうのですが、オセロさんから自分のおやつだ~!とがっちりと取られずに食べきった杏仁さんはオセロさんに「ごめんね」という仕草をするそうです。

ちょっと見たいです。

 

こちらは土間にダーリンがすのこを作って設置してくれはって、それに網をつけはったもの。
f:id:taketsurutanuki:20170625022217j:image

急に何?と言いますと、

 

おじいちゃんわんこのじいじ(15才)が我が家に迎えられました。

こちらは初散歩の写真。
f:id:taketsurutanuki:20170625022233j:image

 

名前は保護されていたところで『じい』と書かれていて、私たちが飼おうと決める前からその写真を見ては『じい』と呼んでいたのでそのまま『じい』にしました。

呼ぶ時はじいじと呼んでいます。

発見された場所などから捨てられたこのようだということでしたが、お散歩大好きなこです。

散歩でない時の足のよろよろ感はどこに行ったのかというスピードにならはります。

私は片方のストックを支えに一緒に散歩するのですが、じいじの早さががんばれば進める早さだったため一瞬の下りのところでこけそうになりますが、ダーリンも一緒に散歩してくれはるので安心です。

そして不思議なことに、じいじのリードを持っている時はその速度で進める私ですがダーリンがリードを持つと、がんばってもいつもののろのろ速度なのです。

そしてじいじは現在のところ、外ではおしっこもうんちもしていません。おりゃ~と進んで回って、ハウスに帰って餌を食べてからハウスの中でするのです。

そして、私がその場にいない時はしたよ~とワンと鳴いて知らせてくれるのです。

知らせてくれるのがとても助かります。

 

じいじがきたことで若干逃げ腰だった杏仁さんとオセロさん。

鳴き声で猫じゃないことがわかったのと、入れないように戸を閉めていた部屋に強行突破で入り込んで逃げていたのが、どうせ入るなら開けようと出入り自由になったことで、本当は入ったらいけないところに入っていて後ろめたい気持ちが(ダーリンも二匹を見てそう感じていたらしい)なくなったらしくとっても悠々自適になりました(笑)

もんさんは野良経験者と聞いていますからその影響かまったく動じていませんでした。

 

庭でクチナシの蕾がついていることにダーリンが気づかはりました。
f:id:taketsurutanuki:20170625030458j:image

その翌日には綺麗に咲きました。 

f:id:taketsurutanuki:20170625030512j:image

ひとつめの咲いたクチナシです。

たくさん蕾がついているので楽しみ~♪

 

あ、今回のMRIの結果で大きさは前とほとんどかわっていませんでしたが一部が悪性化してきたようなので遠くなく治療することになります。

それまでに必要なことはしようと思っています。

 

とにかくすぐに死にそうなわけではないので今のうちに遺書を書いておくつもりです。

そうじゃなくても混乱しやすい者なので、余裕のあるうちに書きます。

 

やりたいと思っていたことの出来そうなことと無理そうなことをある程度わけて、出来るだろうことに力を注ぎたいです。

あと五年は大丈夫だといいなあ(*´ω`*)

 

痙攣の薬が増えたものの痙攣の回数が増えたので悪くなっているかもしれないなとは思っていましたが、実際前よりは悪くなっていました。

それはいつかはくることなのでまあ、そんなものといえばそんなものですが、ハッピールンルンな日々のため出来るだけたくさんダーリンとの日々を生きていたいです。

 

あ、それで痙攣の回数が増えたのは薬が効いていないのだろうということで増やした分がもとの量に戻って、違う薬が始まりました。

副作用がけっこうな薬らしいのですが、まだ出ていないのかそれとも、もともとその副作用としてある症状が強さや頻度はその都度かわっても日常的にあるものだから区別がつかないのか不明です。

薬の量の調整などではっきりわかるようになるのでしょうか。

 

放射線治療の時に一部がはげるようなので、普段美容院に行けずに剃髪したところから腰くらいまで伸びた髪をこれを機会に再び剃ろうと話していたところ、サリーちゃんのパパ(私とダーリンの中で検査入院の時からある先生のイメージ像)は

「そういえば二人でおそろいの坊主頭だったことあったな」

という感じのことを言ってとっても笑ってはりました(笑)

覚えてはったんですね~(*´∀`)

 

 我が家のスカシユリが花盛り
f:id:taketsurutanuki:20170625034801j:image

 

違う色も
f:id:taketsurutanuki:20170625034818j:image

 

 こんな色のこも

f:id:taketsurutanuki:20170625034838j:image

 綺麗ですな~(*´∇`*)

 

赤紫蘇も伸びていましたし、今年も紫蘇ジュースを作るのが楽しみです。

 

先日、久しぶりに書いた短編小説をこちらにアップしました。

気が向いたら読んでみてください。

『可愛い紐』という作品です。

 http://kyounomon.hatenablog.com/

ダーリンはこれの登場人物のひとりがお気に入りらしく、その人が主人公のものを読みたいと言われたので書こうとしています。

でも縦書きのノートの残りページが少ないので素敵な縦書きのノートを探さねばです。