田舎に引っ越してきて呼吸の状態も良くなり楽しく生活♪

旧ブログ名『ほとんど寝たきりだけどそこそこな感じでがんばる~!』解離性障害、鬱病、逆流性食道炎(緩和)、グリオーマ、眼瞼痙攣、ハウスダストアレルギーなどあり。体の具合が悪くなってから完全に着物生活に。

髪型挑戦中(ゆっくり更新するんじゃなかったの?)

人生でショートカットがほとんどだった私は、以前剃髪してから一度前髪を切ってみたくらいでずっと伸びていまして現在、腰よりも少し上くらいの長さです。

この頃は三線でも二胡でもみつあみにしていると髪が弦にあたります。

 髪がこそこそと顔や首にあたるのも体調によっては非常に苛立つ原因になります。

バリカンで刈ろうかと思いましたが、せっかくこれまでない長さになっているので髪を昔風(祖母の世代の感じ)に結えたらなあと思うのです。

そんなわけで、近年やっとみつあみが出来るようになったところの私ですが三種類くらいは結えるようになってみようと資料を探して挑戦。

初めての参考には西洋上げ巻きをしました。

違う形になっていますが、これはいいかも!( ̄□ ̄*)!!

明らかに結う修行が必要ですが、そのうち上手に結えるようになるのでは!

左上から

f:id:taketsurutanuki:20170812181004j:image

 

右上から

f:id:taketsurutanuki:20170812181024j:image

 

後ろ上から

f:id:taketsurutanuki:20170812181053j:image

とにかく日々、結い続けてみます。

ゆる~い日本髪っぽいものも試してみようかと。

 

 しかし、髪を洗える機会がほとんどない私は(水道の水ですすいではいる)整髪料が使えないので自分で結う日本髪は難しそう…ということで、明治、大正、昭和初期の感じの髪型を目指して挑戦中です。

これもひとつ。左上から。
f:id:taketsurutanuki:20170813171609j:image

前髪と横の髪をまとめてとって、詰め物に通してぐるぐると巻いてとめてみました。後ろはおおろしっぱなしだと私の歳では合わないのでは…と前の髪型で後ろ上から撮った巻き方を後頭部でしてみました。

 

右上から。
f:id:taketsurutanuki:20170813171629j:image

 

せっかくなので後ろ髪をおろして結い直したものも撮ってみました。
f:id:taketsurutanuki:20170813171644j:image

そういえばダーリンと夜にスーパーに買い物デートに行くにも病院に行くにも車で頭の後ろが椅子にあたってごりごりすれるんでした( ̄□ ̄;)!!

 

後ろは出来るだけおろしていられる方が助かるという現実…。

そんなわけで、おろした部分の髪を両方にわけてそれぞれ結びました。

f:id:taketsurutanuki:20170813171658j:image

おお、これならば髪が首や顔にあたってこそこそ苛立つ可能性は低い!

というわけで、ダーリンが帰ってきはったら似合うか聞いてから良さげな反応の場合はこの髪型をひとつめに決定(*´ω`*)

その時はこの両方につける小さなシュシュを作りましょう。あ、紐もいいですなあ。

あ、でも二胡三線の弦に髪があたります( ̄□ ̄;)!!

 

 その後、ダーリンが帰ってきはる前にどうやら完全にアップにしている感じの方が好評( 〃▽〃)

というわけでじわっと変化。
f:id:taketsurutanuki:20170813191358j:image

 たすき掛けたままですみません。

かんざし見えますか?
f:id:taketsurutanuki:20170813191413j:image

 

後ろ髪をまとめるのが崩れてしまっても直しやすいようにかんざしでとめることにしたのです。
f:id:taketsurutanuki:20170813191427j:image

 

銀杏の形のかんざしはどこにしまったかな~♪

かんざしを少しは持っていて良かったです(*´ω`*)

 

あ、縫っている最中のうそつき襦袢はとりあえずおいておいて、かつてしめていた帯の表の布を出してきました。

裏は別のものに使っています。

それで、すっきり暑すぎない兵児帯になってもらうため両端を縫いました。

f:id:taketsurutanuki:20170813193226j:image

 

今、しめています。

今日はずしたら一度洗って、ついているふちの形をゆるく出来たらなと思っています。

何度かしめたらそのうちすっきり折り目もなくなるでしょう。

 

いや~、次こそはゆっくり更新を(笑)